2017年04月25日

野草料理研究会そのA 〜食べる編〜


『野草料理研究会』に体験参加してみたら、材料の半分以上が裏庭で見かける雑草。
(そのお話は〜材料編〜へ)

どんな料理になるのか興味深々でいたら、
おひたし、各種和え物、各種炒め物、酢漬けなど全て違う味付けに


こうなると、何が何だか分からない

IMG_20170412_120113723.jpg

黙って出されたら、雑草とは気付かないな



野草って下処理が大変なイメージだったけど、
殆どのものが塩茹でしただけで、あっと言う間に下処理できたのにもこれまたびっくり。

ただ春のモノは、どれも繊維がしっかりあるらしく、
柔らかい新芽や葉の根元、固い葉先など、選り分ける作業は大変だった。


色んな草や花の天ぷらもズラリ




IMG_20170412_11441581.jpg

お皿がお菓子の空き箱ってっもの、かなりレアだわよ〜




バイキング形式で「お好きなモノをお好きなだけどうぞ」と言われたけど、
はっきり言って、食べた事無いので好きか嫌いかも分かりませんっ


他に「せりごはん」と「またけと野草のお味噌汁」がついて

IMG_20170412_122505953.jpg

軽く30品目超えのワンプレート



その上、毒だし効果があるという「ケツメイシ茶」まで付く徹底ぶり


全種類まんべんなく食べてみた結果、 どの雑草もそれぞれに美味。
特に“よなめ”はまるで買って来た青菜の味そっくりだった
(※参考までに、一緒に参加したKちゃんも同意見デシタ)


食養生の指南書によれば、
「春は苦味 夏は酸味 秋は辛味 冬は油を心して摂れ」
って言葉が昔からあるという。

春の野草は、細胞の分裂(成長)するスピードが速いので苦味が強く
植物そのものがたっぷりのエネルギーを持っているんだそう。

そして春の野草は、寒さで縮こまっていた動物(人間)の体の毒を
固い繊維で絡め取りながら体外に排出してくれる上に、
身体を目覚めさせ、これからの活動期を支えるエネルギーまでチャージしてくれるんだそう


「野草料理研究会」はマニアックでディープだけど、人間の根っこに関わる面白過ぎる世界



IMG_20170412_113320344.jpg

野の花ういろう



大地が私達にくれる贈り物の本質的なお話がとても興味深いので、
試しに後3シーズン(夏・秋・冬)、参加してみようかな(*´艸‘*)


posted by misaki at 00:00| 福岡 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

野草料理研究会その@ 〜材料編〜


我が家の裏庭には、食べられると思うけど自信がないから食べないモノ達が
ウジャウジャと雑草の様に生えている。

「もしコレが食べモノだったら、
大嫌いな草抜きも、もううちょっと楽しくなるんじゃない
ってコトで、参加してみた研修センターの『野草料理研究会』。


材料を見てびっくり

いつも抜いてる雑草ばっかじゃーーーーんっ


写真はクリックで拡大可

1.jpg

Weblio植物図鑑からピックアップ



これは・・・
「自信がないから食べない💦」じゃなくて、「有事でもない限り食べないっ‼」だよぉ


しかも、草だけじゃなくて花や根っこまで・・・(∀ ̄;)


image2.jpg




その他、クレソン、ミツバ、セリは、野性で育っただけにどれも大きくて香りが強く、
わらびやつくし、ぜんまい、のびる、よもぎ、破竹などのお馴染みの山菜もズラリ


本来、山菜のコトが知りたくて参加したハズなんだけど、興味の対象はどんどんワイルドな方へ(爆)

これは・・・、予想以上に相当面白い料理研究会だわよー

こうなったら、我が家の裏庭の雑草が「ヨモギなのか」とか「ノビルなのか」とか
そういうコトはどこかに吹っ飛んで、雑草目当てに調理台にかぶりつき。


IMG_20170412_103733286.jpg



だって、食べたコト無いから気になるもーーん



食べる編〜につづく



posted by misaki at 00:00| 福岡 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

若松野菜の勉強会


裏庭で野菜を作る様になって以来、野菜への興味が尽きない私。
地元の八百屋さんによる「若松野菜の講座」なるものがあると知り、行って来た


IMG_20170312_105408886.jpg



若松野菜とは、北九州市内(我が家の隣の区)で作られている
私にとっては最も身近な地元の野菜やくだもののコト。

若松は玄界灘特有の強い風が吹くせいか害虫被害が少ないらしく無農薬・減農薬野菜が圧倒的に多い。
よその地区(市内の東の方)にまで出荷するほどの収穫量がない分、
季節を問わず多くの種類の野菜や果物が作られているのも大きな魅力


消費者の立場からすると「どうせなら全部無農薬にして欲しい。」と思うけど、
野菜には、虫にかじられると
苦味を強くし味をマズくし、虫から自分を守ろうとする物もあるらしい。
そうなると消費者もなかなか手を出してはくれなくなる。

なのでそんな野菜には、収穫期に残留農薬が殆どない無くなるタイミングで
軽く農薬を使う工夫が施されているんだとか。


若松地区には、最近注目されている水耕栽培の大規模な工場もある。
私もよく使っているクセに、「洗わなくてもいい」位の知識はあっても、
「洗わない方がいい」だなんてコトまでは全然知らなかった^_^;


IMG_7365.JPG




あらゆるコトが、本質へ向かって原点回帰する風潮が強いと感じる昨今だけど、
消費者という立場に立った時、まだまだ意識を本質へと完全に変えるのは難しい
だけど、知識として「知る」だけで、自然と「意識」が変わるコトはたくさんある。


美味しい野菜の食べ方や選び方、保存法に調理法など、
目から鱗がいっぱい落ちた野菜講座。
あっという間の2時間だった。

ほぼ1年中、地元産の安全な野菜が途切れない環境にも改めて感謝だね


posted by misaki at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

エッグノッグ(洋風たまご酒)


2月11日。
朝起きたら、外は薄らとこの冬初めての積雪


こんな寒い日は家に籠って『エッグノッグ』飲んで温まろう〜


最近ハマってる洋風たまご酒、贅沢にレミーマルタン使用

IMG_7205.jpg

むっちゃ、美味しいのよ〜



雪はあっと言う間に溶けて、この冬初の雪景色も速攻で終了したけどさΣ( ̄□_ 


posted by misaki at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

『どちらでもいい』

『20代からの自分を強くする「あかさたなはまやらわ」の法則』の著者・田口久人さんがインスタにアップして以来、ちまたで密かな話題になってる詩

タイトルは・・・

『どちらでもいい』

友達は多くても少なくてもいい
本音を話せる人がいるなら

年収は高くても低くてもいい
幸せに過ごせるなら

家は広くても狭くてもいい
自分に合っているなら

モノを増やしても減らしてもいい
大切なものがわかっているなら

頭が良くても悪くてもいい
まわりを喜ばせられるなら

性格は明るくても暗くてもいい
個性の1つだから

化粧は厚くても薄くてもいい
自分の魅力が伝わるなら

子供は褒めても叱ってもいい
愛情が伝わっているなら

夢は小さくても大きくてもいい
叶えられるのなら

人生は短くても長くてもいい
本当に後悔をしないのなら



やっぱ、本質にこだわって生きよう♪

src="http://blog.seesaa.jp/images_g/1/31.gif" width="20" height="20" />

IMG_5977.JPG


posted by misaki at 00:00| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

楽しい♪に従う


私の人生のモットーは、いつも『自分の「楽しい❤」に従う』事なんだけど、
ここん所楽しさも限定的で、最近ちょっとフラストレーション溜まり気味。
なので便乗型の「楽しい❤」を求めて、本格ミールスを食べにレッツゴー


IMG_20161031_12310712.jpg

ちなみに「ミールス」(Meals)とは、
南インドの食堂やレストランで出される定食の事


念の為に言えばこのお店、
東京や大阪からもわざわざ通って来る人もいる。。

だけど城壁は結構高く、扉にはロックが掛かっており、
マスターはリピーターに「誰かれ連れて来ないで」と予防線を張る。

なぜなら、日本人にはインド料理=北インド料理のイメージが定着されていて
本格的な南インド料理は多くの日本人にとって馴染みのない味。
しかも、マスターのお料理は基本的に塩と香辛料のみの味付けなので、
人工的な味に慣れた舌にはすっごく不味く感じるらしい。
なので、お店の扉に『不慣れな人には不味い店』との張り紙まで・・・(((*≧艸≦)

だけど・・・
初めての味、記憶にない味は、提供する側も結構な勇気が必要ですよねー


IMG_20161031_125155897.jpg



食後のティーは、これまた本格的なチャイをオーダー。
マスターが真横に来て、右京さん張りに高い位置から注ぎ落してくれるーー


IMG_20161031_131501845.jpg

表面に出来る膜も濃厚なキャラメルみた〜い



我が家の裏庭料理も、この位「どっぷり楽しい♥」に極めたいわー.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ


posted by misaki at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

パン教室


裏庭のレパートリーを増やしたくて
春から上半期の単発講座(6回のみ)で通っていた『パン屋さんが教えるパン教室』が
9月で終了しました。

最終日に作ったのは、めんたいフランス。
すっごく美味しかったけど、業務用オーブンの威力大って気が・・・(・_・;)

「もう二度と作れないと思う!」と夫に言い聞かせ
じっくり味わってもらいました。

また作りたいのにーーっ

IMG_6652.jpg



posted by misaki at 00:00| 福岡 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

裏庭マルゲリータ


肩の調子がイマイチ良くならないので、然る方のご紹介で別の鍼灸院へ。
今度の先生は、お灸8割鍼2割。

昔私の祖父達は、自宅に鍼灸師さんを呼んでお灸や鍼をして貰ってたので、
その鍼灸院の香りを嗅ぐと、毎回おじいちゃん宅に遊びに来た様な気が。。。

肩の具合は、今度の先生によると
「スポーツ障害と言うよりも、今までの(生活全般での)手や腕の使い過ぎ。」なんだとか。

そう言えば、
和裁に、料理に、書きモノに、手仕事に、スポーツカーの運転に、犬のしつけにと
心当たりは超!ありまくり

原因がしっくり来たので、
手を完全に休めようといつもは手捏ねで作るモノも
買ったばかりのホームクッカーに任せてみました


裏庭のトマトとバジルで簡単マルゲリータ

IMG_6530.jpg



裏庭のトマト&バジルもハケて行くので、
近ごろ、むっちゃハマってます(笑)


posted by misaki at 00:00| 福岡 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

鍼治療


久しぶりにガッツリ運動したら、肩を痛めました
で、友達推薦の鍼治療院へ。

若い頃だったら、
どんなに薦められてもチョイスしなかっただろう鍼に、
あっさり行っちゃうあたり、いつの間にか度胸つけたんだなぁ私。

周囲全員が後期高齢者に準ずるお年寄りだらけの治療院で、
「スポーツ障害」と言われたコトに、ちょっとだけほっ💨


IMG_2481.jpg

裏庭のつげの木に小さなお花が咲いてます♥



生まれて初めての鍼治療は、電気を通して、
長くて細〜い鍼を十数本打ってもらい、
最後は、小さな小さな鍼を付けたままで帰宅。

運動はむしろ休まずに(制限付きで)続けてた方が良いそうで、
しかも鍼を付けたまま、お風呂も運動も全てOKなんだって



posted by misaki at 00:00| 福岡 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

贅沢な1日への道


『22時から深夜2時はお肌のゴールデンタイム』
とは、良く聞く話だけど、
本当は22時から4時の6時間の間に寝ているコトが重要なんだとか。

夫は若い頃からこの時間帯にしっかり寝ている人。
でも、それは仕事の都合であって
「現代社会で実際そんな生活できる人って殆どいない!」と私は本気で思っていました。

だから、夫の就寝時間は常々笑い話のネタとなり、
「太陽のサイクルで活動するって、動物としては正しいんだろうけどね〜(爆)
と、ずーっと他人事。


だけどそんな“超!朝型生活”を、
身近な友人が“意図的”に実行しているコトがつい先日判明しました!!( ̄□ ̄;)


彼女は小中学生の2児の母でキャリアウーマン。
超多忙な毎日を送っているハズなのに、いつも肌がピンと張ってて若々しいし、
そう言えばクマなんて出来てる所を一度も見たコトがないかもexclamation


そんな彼女の生活は、毎日22時就寝・朝4時起床の“超!朝型”らしい。

すごっ!!
社会が24時間化して生活は夜型になってるのに、本当にエライっ
私なんて、早寝早起きが大事なのは分かってても全然実行できないも〜ん
(と羨望を送りつつも、やっぱり他人事・・・。)


すると、


「だから朝型の方がイイのよ。
だって、残業だ!接待だ!塾だ!お稽古事だ!△☐の集まりだ!と
社会が夜型のせいで、親も子供も夜はみんな忙しいもん。
だけど朝なら、毎日家族全員揃って食卓を囲めるしね〜。」



なるほどね。。。



「それとさ、甘いモノやお菓子なんかも朝なら結構大丈夫でしょ〜(*´・ω-)b
上のお姉ちゃん(中学生)も、朝4時頃にケーキ食べながら勉強したりするのよ〜(笑)。 」


確かに、朝だとその後たくさん動くからちゃちゃと消化するよね。
しかも脳にも糖が行き渡って、その日1日頭の回転が良くなりそうだね〜(*´艸‘*)



「最初は子供達の為に始めた早起きだったんだけど、
夫もさすがに子供達が起きて、掃除機までウォンウォン言い始めたら
寝てるワケに行かなくなって数年前からランニングとか始めたし、
私も疲れ難くなって健康面でも色々得して、子供より私達の方がメリットが大きいかもグッド(上向き矢印)


彼女曰く、睡眠を取る時間帯は
腎臓・肝臓・血液など身体の全ての細胞レベルでとても重要らしく、
太陽のサイクルに合わせた生活をするだけで、自然と心身共に健康になるみたい。
(美肌や美白などは最後の最後について来たオマケみたいなものなんだって・・・)


「それにお弁当と朝食と一緒に夕食の準備もまとめてやると、無駄がないのよ。
しかも主婦業の大半が朝終わってると、何か1日が贅沢よーv(´∀`*)」


へーぇ。贅沢な1日かぁ〜 ( ̄▽ ̄)ハートたち(複数ハート) 
しかも『細胞レベルで健康な生活』って、それだけでも充分羨ましい


早速「やってみよう!」と思ったものの大きな問題が。。。


私、早く寝ようと思ってもなかなか早く寝れないのーー
ベッドに入っても10時になんて絶対寝付けずに、ベッドの中で悶々とするだけでさ、
だから過去に何度か朝型に挑戦したけど挫折した…..(;__)/|


「えっexclamation&questionexclamation&question
無理に10時に寝なくていいんだよ(・_・;)
早く寝ようとするんじゃなくて、早く起きるのよーーダッシュ(走り出すさま)
逆だよっ!逆〜ぅっ!!」



あっ、確かに・・・ひらめき
そもそも「早く寝よう」って夜の生活に重点を置くコトが『夜更かし思考』の典型なのねexclamation&question
まずは、ココ(考え方)から切り替えなきゃだわあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


そんなワケで『夜更かし思考』を『朝型思考』に切り替えるヒントを彼女に貰い
早速、その日から“超!朝型生活”へ挑戦し始めました。


彼女の経験では
「早起きしてれば、数日後には睡魔が襲って来てコテンと早寝出来るようになった。」
「1ヶ月も続けた頃には、早寝早起きの生活がかなり習慣付いて来る。」
そうなので、
寝る時間がどれだけ遅れても、
とにかく朝4時半に起きるコトだけを目標に、今は毎日頑張ってまぁ〜す




IMG_7719.jpg
      朝日に透ける裏庭の百日紅。キラキラ〜




posted by misaki at 00:00| 福岡 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする