2017年08月25日

パンナコッタ 裏庭ソース


昔、大ブームになったイタリアのスイーツ『パンナコッタ』。


春に豊作だったいちごの『自家製いちごソース』で

IMG_7804.jpg




posted by misaki at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 裏庭レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

自家製冷麺 〜棒ラーメンカスタマイズ〜


今年も人気な我が家の夏メニュー


実家からの持ち出しレシピ「自家製冷麺」

IMG_8922.jpg



それがいつの間にか、レタス・ネギ以外の野菜は全て裏庭製になっていた。
これはもう、立派な裏庭レシピだねぇ〜(*´艸‘*)


麺は、地元ではお馴染みの『マルタイの棒ラーメン』。


何てったって、近所のスーパーでは一袋(2人前)98円!!

IMG_8918.jpg




私の実家では「マルタイ棒ラーメン」って昔からカスタマイズ・ラーメンの定番だったんだけど、、
近頃インスタから全国的に火が付いてブームになってるとか
(参考サイト:http://macaro-ni.jp/39594 )

これって、何かちょっと嬉しいぃ〜(p≧∀≦q)〃



posted by misaki at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 裏庭レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

裏庭のふわふわもっちりパン


すっかりブログをご無沙汰している間に、早2ヶ月。
しかも、もうすぐ9月ーーーっ(@_@;)
この調子だと、あっと言う間に今年が終わってしまいそう・・・

とは言え
ブログをサボっている間も実験は細々と続けていて、近頃はとうとうパン作りに挑戦中。
当然裏庭の作物でだから、変わり種のパンばかりだけどね・・・( ̄m ̄〃)


ブルーベリーのパン

IMG_8912.jpg



IMG_8914.jpg



今までは、手作りパンのイースト臭が苦手だったり、食感が嫌いだったりで
せいぜい「ちぎりパン」しか作らない派だったんだけど
近頃は、天然酵母のイーストやら国産のリッチな強力粉やらが簡単に手に入るので
研究次第では、素人芸の私にも上等なパンが焼けちゃうからすごい!


和すもものパン

IMG_8910.jpg



裏庭果実を生地に練り込んだパンは、
好みのふわふわもっちりな食感を目指して何度も改良している最中。
今後は、橙やら柚子のパンにも挑戦してみるつもり。


パンを焼く度に取るデーター表まで作成しちゃった(´∀`*))

IMG_8957.jpg



裏庭レシピ、とうとう最高に苦手だったパン作りにまで派生中~(笑)


posted by misaki at 00:00| 福岡 ☁| Comment(2) | 裏庭レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

ミントの紙コップシフォンケーキ


来週から旅行に出かけるので、裏庭のミント達を摘芯。
コレで、帰って来た頃には更にたくさん繁ってくれてるはず

で、摘芯したミントはたくさんあるし冷蔵庫には卵が結構残ってたので、
前々から温めていた摘みたての生ミントを使う構想の『ミントのシフォンケーキ』を試作。


『アッサムティー×フレッシュミントのシフォンケーキ』

IMG_7844.jpg



流行ってる「紙コップシフォン」、1度焼いてみたかったんだよね〜


逆さまにして冷ます工程は、洗濯用のピンチハンガーでぶら下げぇ〜

IMG_7843.jpg



食べやすいようにと 紙コップの口の1箇所に切り込みを入れて焼いたけど
やっぱり食べにくかった(´∀`;A
で、使い道の無かった100均のミニパレットナイフに初めての脚光っ
断然食べやすくなったので、ミニパレット捨てずに取っておいて良かった(笑)。


で、試作の結果、「アッサム」だとミントに味が負けてしまったので
次回は「イングリッシュブレックファースト」のミルクティー仕立てで再チャレンジする予定。
それでもイマイチなら、「モロッコティー」で焼いてみるかなーー



今年は去年の倍以上に株が増えたミント。
これから摘芯の度に色んな実験が楽しめそう
しかも、更に増産中なのよね〜(*´艸‘*)



ミントの挿し木は超・簡単

IMG_7851.jpg

でもうっかり地面に根付いたら、大変な事になるんだって💧





posted by misaki at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 裏庭レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

春菊ジュノベーゼ活用メニュー 覚書


一次加工で作っておいた『春菊ジュノベーゼ』が予想以上に大活躍。


ねこんぶだしで作った『春菊のパスタ』

IMG_7670.jpg

見た目より かなり和風。





ヨーグルトと和えた『春菊ソース』。

IMG_7777.jpg

『ぷるぷる鶏胸肉』に「めんたいソース」と一緒に添えてヘルシーに





最後に粉チーズをたっぷりかける『春菊のシーフードアヒージョ』

IMG_7684.jpg

スパニッシュオムレツを添えて、スペインバル風ランチ




使いまわしのきく『春菊マヨソース』

IMG_7768.jpg

『鰆のムニエル』もグレードアップ



思った以上に、メニューの幅が広がって嬉し〜ぃ((*´≧∀艸)


posted by misaki at 00:00| 福岡 | Comment(0) | 裏庭レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

桜の葉の塩漬け


5月中旬になると、桜の葉の大きさがある程度大きくなって躊躇なく収穫できるのだけど、
今年はその頃旅行中なので、ちょっと早いけど裏庭の八重桜の葉を収穫。


収穫が早過ぎて、葉っぱかなり小さいけど

IMG_7869.jpg

作っている最中の優しい香りがたまらーーんっ




桜の葉の塩漬けには、葉っぱの大きな「オオシマザクラ」が人気だけど、
八重桜の葉も小ぶりながらは香り成分は充分なんだって(*≧ー≦)b


来年は、この葉っぱで桜のお料理にもチャレンジしてみたいなー

IMG_7872.jpg







桜の葉の塩漬けのレシピ


桜の葉     適量
(オオシマザクラ・八重桜のしっかりした柔らかい葉っぱ)
塩          桜の葉の重さの30%



@桜の葉っぱの重さを量ってから、キレイに洗う。
A葉が重ならないように並べて1分30秒程蒸す。(茹でても可)
Bすぐに氷水に晒す。
C水気を切りながら、大きさを揃えて束ねて塩をまんべんなくまぶす。
D重しを置いて3日間冷蔵庫で寝かせる。
E上がって来た水分を切りってラップで包み、空気をしっかり抜いて保存袋へ。
Fそのまま翌年の桜シーズンまで冷蔵庫で寝かせる。

posted by misaki at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 裏庭レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

山椒クッキー


今年も短い山椒の木の芽シーズン到来


IMG_7785.jpg



たくさん摘んだので、料理に使っても結構たくさん残っちゃった。
で、作ってみた変わり種。



『山椒クッキー』

IMG_7795.jpg

パンチがあるので、ビールのつまみにもイケそ〜ぅ




posted by misaki at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 裏庭レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

春菊のジュノベーゼ


春菊撹拌メニュー、第一弾の残りを全部投入して
『春菊ジュノベーゼ』を2種類作ってみた (≧∀≦*)


一つは「くるみ」もう一つは「干しエビ」で風味付け

IMG_7767.jpg




トウが立ち始めた春菊も全部使い切れたし、2次加工でまだまだ楽しめちゃうね〜

posted by misaki at 00:00| 福岡 | Comment(0) | 裏庭レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

春菊ヴィシソワーズ


師匠から「初心者でも育てやすい」と教えて貰って冬に植えた春菊。
思った以上の育てやすさで、何度も株が大暴走〜(爆)

それも春には終わるのか・・・と思いきや、
桜が咲いても小さい脇目がいっぱい出て来てぎゅうぎゅうに育ち、
まだまだたくさん収穫できるからびっくり


でも暖かくなると、さすがに小さな蕾が付き初めていたので大慌てでがっつり収穫。
花芽がつき始めたというコトは、少し固くなってしまった筈だから、
炒め物用の新芽は別のザルに収穫したんだけど・・・

何と!!しっかり育った分だけでバケツ一杯分も収穫出来ちゃった

付いてしまった小さな花芽は全部ちぎり取って、準備おーらいっ


第一弾は『春菊ヴィシソワーズ』

IMG_7649.jpg

ランチに慌てて作ったので、冷やす暇無かったけど(笑)



新じゃがの甘さと春菊の苦味がいい塩梅


posted by misaki at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 裏庭レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

桜の花の塩漬け


今年は、まだソメイヨシノが散る前に咲いた裏庭の八重桜


IMG_7757.jpg



むっちゃ早い!!ってびっくりしたけど、
いやいや、ソメイヨシノの開花が異常に遅かったコトを思ったら、例年通り


3年前、夫が塩漬け用に植えてくれた裏庭の八重桜はまだ若木で花芽が少ない。
なので、今年も別の場所で八重桜を分けて戴いて材料集め


塩漬け用の桜の花の収穫は、1本の木に1〜2輪花が咲いた頃がベスト。
そのタイミングで収穫に行くのが意外に難しいんだけど、
今年は運良く一番良い時に収穫に行けた


4種類の八重桜ブレンド

IMG_7783.jpg

とっても良い香り〜.+:。(´ω`*)゚.+:。



ココからもう来年の桜スイーツ作りが始まっていると思うと、ちょっとウキウキ



IMG_7794.jpg

後は、来年まで大事に保存




桜の花の塩漬けの作り方


八重桜の花       適量
塩        花の重さの30%と花の重さの20%
クエン酸系の液     適量
(白梅酢が風味良く仕上がるが、無い場合はレモン汁・米酢などでも可)


@7分咲きの八重桜を使用。(花びらを使う時は満開でもOK。その場合は花粉を取り除く)
A八重桜のガクやゴミを取り除き、たっぷりの水で洗ってざるにあげる。
Bキッチンペーパーなどで水気を拭き取る。
CBの桜を漬け込む容器に入れ、花の重さの30%の塩をよくまぶす。
 (漬ける容器が無い場合は、ジップロックなどの袋でもOK)
D桜の花の発色を良くする為に、Cに桜がひたひたに浸る位の
 白梅酢(もしくはレモン汁などのクエン酸液)を注ぐ。
Eサランラップを被せ、出来るだけ空気を抜いて重しを置く
  (ジップロックの場合は空気を抜いて平にし、上にお盆を乗せて重し)
F汁が赤くなり、良い香りがするまで5日〜1週間ほど置く。
G上がって来た水分をキッチンペーパーで拭き取る。
Hざるに広げ、1〜2日陰干し。(日光にさらさない)
I桜の花をボウルに入れ、花の重さの20%の塩を全体に混ぜる。
J煮沸消毒した瓶にIを移し替え、冷暗所で保存。
 (明るい場所で保存すると桜の花が退色するので注意する)

posted by misaki at 00:00| 福岡 | Comment(0) | 裏庭レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする