2017年05月01日

山椒クッキー


今年も短い山椒の木の芽シーズン到来


IMG_7785.jpg



たくさん摘んだので、料理に使っても結構たくさん残っちゃった。
で、作ってみた変わり種。



『山椒クッキー』

IMG_7795.jpg

パンチがあるので、ビールのつまみにもイケそ〜ぅ




posted by misaki at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 裏庭レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

裏年たけのこ


今年は全国的に筍が裏年で大不作らしく、マツタケ並みの高値が続いてるんだそう。

なので、地元のブランド筍『合馬のたけのこ』なんて絶対手が出ないよ〜
と嘆いていたら、シーズン終了間際になって地元でもボチボチ手の届くプライスに。

ただ・・・
お値段は例年並みになっても、大きさはびっくりするほど小さいけどね


何本か買って、今年も毎年恒例の合馬たけのこで『たけのこ尽くし』決行


毎年お決まりの筍レシピから6品

IMG_7788.jpg



「季節のモノを味わう贅沢」と言うけれど、今年の「たけのこ尽くし」はホントの贅沢品だなー



posted by misaki at 00:00| 福岡 | Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

野草料理研究会そのA 〜食べる編〜


『野草料理研究会』に体験参加してみたら、材料の半分以上が裏庭で見かける雑草。
(そのお話は〜材料編〜へ)

どんな料理になるのか興味深々でいたら、
おひたし、各種和え物、各種炒め物、酢漬けなど全て違う味付けに


こうなると、何が何だか分からない

IMG_20170412_120113723.jpg

黙って出されたら、雑草とは気付かないな



野草って下処理が大変なイメージだったけど、
殆どのものが塩茹でしただけで、あっと言う間に下処理できたのにもこれまたびっくり。

ただ春のモノは、どれも繊維がしっかりあるらしく、
柔らかい新芽や葉の根元、固い葉先など、選り分ける作業は大変だった。


色んな草や花の天ぷらもズラリ




IMG_20170412_11441581.jpg

お皿がお菓子の空き箱ってっもの、かなりレアだわよ〜




バイキング形式で「お好きなモノをお好きなだけどうぞ」と言われたけど、
はっきり言って、食べた事無いので好きか嫌いかも分かりませんっ


他に「せりごはん」と「またけと野草のお味噌汁」がついて

IMG_20170412_122505953.jpg

軽く30品目超えのワンプレート



その上、毒だし効果があるという「ケツメイシ茶」まで付く徹底ぶり


全種類まんべんなく食べてみた結果、 どの雑草もそれぞれに美味。
特に“よなめ”はまるで買って来た青菜の味そっくりだった
(※参考までに、一緒に参加したKちゃんも同意見デシタ)


食養生の指南書によれば、
「春は苦味 夏は酸味 秋は辛味 冬は油を心して摂れ」
って言葉が昔からあるという。

春の野草は、細胞の分裂(成長)するスピードが速いので苦味が強く
植物そのものがたっぷりのエネルギーを持っているんだそう。

そして春の野草は、寒さで縮こまっていた動物(人間)の体の毒を
固い繊維で絡め取りながら体外に排出してくれる上に、
身体を目覚めさせ、これからの活動期を支えるエネルギーまでチャージしてくれるんだそう


「野草料理研究会」はマニアックでディープだけど、人間の根っこに関わる面白過ぎる世界



IMG_20170412_113320344.jpg

野の花ういろう



大地が私達にくれる贈り物の本質的なお話がとても興味深いので、
試しに後3シーズン(夏・秋・冬)、参加してみようかな(*´艸‘*)


posted by misaki at 00:00| 福岡 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする